ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Navigator Les Paul Junior

ナット交換 / フレット交換 /

 

ESPブランド、ナビゲーターの
ギブソン・レスポールJr.のコピーモデル。
色がイエローの通称「TV」と呼ばれるタイプ。
消耗したフレットとナットの交換をします。
まずはフレットを抜いていきます。
ナットも外しました。
スケールで指板の状態を確認。
状態は悪くありませんので指板のRを崩さない
様に軽く表面をきれいにしておきます。
溝の掃除をします。
新たに打ち込むフレットを指板のRより
少し強めに曲げておきます。
フレットの足や溝の調整をしたら
指板の長さにカットして打ち込みます。
15F辺りから専用工具でプレスしていきます。
全てのフレットを打ち込みました。
フレットの端をヤスリで斜めに削り落とします。
ネックをマスキングしネックの状態を
確認したらすり合わせ作業です。
すり合わせで平らになったフレットの頭を
専用ヤスリで丸めていきます。
フレットの高さをチェック。
問題なければ磨いていきます。
フレット交換は終了。
次はナットの交換をしましょう。
溝に残った接着剤をクリーニングして
ナットが入る溝の平面をしっかり出しておきます。
新たに取り付ける牛骨ナットの各面の
平面を出し溝のサイズに合わせます。
サイズが合いましたら大まかに形を整えます。
ナットを接着。
接着が硬化したら弦を張り音色など調整をします。
ナット溝の調整が完了しましたら
コンパウンド等で磨きます。
オクターブ等の調整をして終了。
かなり弾きこまれているギター。
生音でのボディ鳴りも素晴らしいギターでした。

PAGE TOP