ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Ovation Custom Legend 1869

オベーション / クラック修理 / ナット交換 / ネックヒーター / フレット交換 /

 

扱いやすいスーパーシャロウボディーの
オベーション 1869の修理調整です。
まずはネックの修理です。
弦高が12フレット上で約3.5ミリ以上
ありますのでハイポジションでの演奏は
辛い状態。
ネックの順反りが強く
トラスロッド調整余裕もありません。
サドル下にはオベーション独特の
弦高調整シムが1枚入っています。
只、それを外しても弾き易い
弦高にはなりませんので・・・
アイロン修正、指板調整などを
合わせて弾き易い状態にリペアします。
ネック反り修理の合間に
他の不具合をリペア。
トップ板にクラックが入っています。
ギター内部をチェック。
オベーションはブレーシングなどの構造上、
トップ板にクラックが入ると
広がりやすいです。
スプルースの端材から作ったパッチを
割れに沿って裏側に貼り付け、
クラックの広がりを防ぎます。
何度かに分けて・・・
パッチを貼り付け。
アイロン修正後、暫くネックを寝かせた後、
ナット・フレット交換を行います。
ナット、フレットを外します。
指板アールの確認。
溝の古い接着剤を除去して補修。
ネックの状態を確認しながら
指板調整を行います。
指板調整後、
打ち込むフレットをカット。
オベーションにはバインディングがありますので
フレットの長さを調整。
成形します。
ボディに負担があまりかからないように
フレットを打ち込みます。
余分な部分をカットして・・・
フレットサイドを処理。
擦り合わせ前に
ナットを作ります。
ナット溝のサイズに合わせて
高さを記し・・・
ヤスリで削り
大まかに成形。
元ナットから弦間を写し・・・
ナット調整と併せて・・・
トラスロッドも微調整します。
各フレットの高さをチェックして
ヤスリで擦り合わせます。
フレットサイドのバリ処理。
専用工具で平らになった
フレットの形を整えて・・・
磨いて・・・
フレットを仕上げ。
続いて、」
ナットの形も整えて・・・
ナット交換も完了です。
続いて
ヘッドの打ち傷を修正。
着色後、ラッカーを盛って・・・
補修。
ネック修理後、大きな反りも解消。
サドル下にシムを残した状態でも
弾き易い弦高になりました。
薄胴ボディらしくタイトで反応の早い
サウンドが心地良いギターでした。

PAGE TOP