ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Rickenbacker 360/12

ネック反り修理 / ピックアップ修理 / リッケンバッカー / 全体調整 /

 

12弦、リッケンバッカーの修理。
ビートルズのジョージ・ハリソンが
使っていた事で有名なギター。 
ヘッドの糸巻きの配置も
12弦ギターの割に
コンパクトに設計されて
弦交換は少々馴れが必要です。
ギターの状態をチェック。
リアのピックアップは
何らかの不具合で全く反応しません。
まずはピックアップを外し・・・
バラして不具合をチェック。
コイルが巻き始め部分で
断線していました。
ハンダで修正します。
ピックアップを組み直して通電チェック。
問題なく音が出てピックアップは復活。
元ブリッジは数ヶ所のネジ頭を
完全になめている為、オクターブなどの
微調整が出来ませんので交換。
新しいブリッジ、サドルには
弦溝が切られていません。
新たに弦溝を切ります。
次はネックの状態をチェック。
ネックの順反りが強く
弦高も12フレット上で約4ミリ位。
かなり弾き辛い状態です。
トラスロッドのナットも回りきっています。
リッケンバッカーは指板に塗装がありますので
温度に気をつけながら時間をかけ
ネックヒーターで反りを修正します。
時間をかけて修正後。
強い順反りも直りましたので
弦高も低くセッテイング出来るようになりました。
すり合わせなどフレットを調整。
紙ペーパーなどで
フレットの傷を徐々に消して・・・
最後にコンパウンドで磨いて仕上げ。
ナット溝の調整・・・
各弦のオクターブ、
その他を調整してリペア完了。
弦高も下がり
弾き易い状態になりました。
リッケンバッカーは他メーカーの12弦ギターと
主弦と副弦のコースが違います。
その為、存在感があり独特な構成音が
とてもCOOLなギターでした。

PAGE TOP