ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Rickenbacker 4001

ネック反り修理 / フレットすり合わせ / ベース / リッケンバッカー / 全体調整 /

 

リッケンバッカーベースの修理です。
弦を張ったまま何年もの間
ケースに入れっぱなしだった為
ネックが反って非常に弾き辛い状態に
なってしまったとのご相談。
ネックの状態を確認。
ネック順反りが非常に大きく
弦高も高い状態です。
トラスロッドで調整出来る
範囲を超えていますので
熱で反りを修正します。
リッケンバッカーは指板に塗装が施してある為
塗装を痛めないように気をつけながら
ネックアイロンで矯正。
時間をかけて修正後、
良い状態になりました。
続いて、フレットなどを調整して
長い間の汚れもクリーニングします。
ナット溝を調整。
フレット擦り合わせ前に
各フレットの高さをチェック。
フレット上を均し・・・
フレットの形を再成形して磨きます。
フレット、指板はピカピカになりました。
電気周り、ボディのクリーニング。
ネック裏などの汚れも落として・・・
弦高、オクターブを調整して作業完了。
弦高も弾き易い高さに
セッテング出来るようになりました。
リペア後はハイポジションでも違和感なく
演奏出来る様になり、弾き易いベースになりました。

PAGE TOP