ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Ryoji Matuoka M-300

クラシックギター / フレット交換 /

 

クラシックギター,リペア,修理 製作歴50年以上の
老舗クラシックギター・メーカー、
松岡ギター。
M-300というモデル名から
最高機種と思われます。
クラシックギター,リペア,修理 ギター内部、
ファンブレーシングの様子。
フレット交換 今回はフレット交換のご依頼。
ネックの状態をチェックして
フレットを抜いていきます。
フレット交換 その際、
指板がチップしないように
気をつけます。
フレット交換 全てのフレットを抜きました。
リフレット >溝のサイズをチェック。
>ネックの状態も確認。
リフレット 溝の補修と>指板調整後、
指板をクリーニング。
リフレット 溝の木屑も掻き出します。
新たに打ち込むフレットの
フレットタングを
溝サイズに合わせて調整。
フレットを曲げて・・・
>各フレットの長さに合わせてカット。
フレット交換 フレットを打ち込みます。
>全て打ち込みました。
フレットカッターで
余分な部分をカット。
端をヤスリで斜めに
削り落とします。
指板脇のバリ処理の際
剥がれた塗装をタッチアップ塗装。
塗装乾燥後、
均して磨きます。
次はすり合わせ。
弦を張り、ネックの動きを確認。
各フレットの凸凹もチェック。
高い部分を中心に
全体を均します。
フレットすり合わせ すり合わせ後、
平らになったフレットを
ヤスリで形を整えて
弾き易い状態にします。
フレットエッジのバリ処理。
フレットすり合わせ 専用工具を使い平らになった
フレット頭を丸めます。
フレットすり合わせ 紙ヤスリ、
スチールウールなどで
徐々に磨いて・・・
フレットすり合わせ 仕上げます。
ナット、サドルも
新しいフレットの合わせて調整して・・・
リペア完了です。
12フレット上、6弦のの弦高は
ご希望の約3.5ミリにセット。
クラシックギターの標準的な弦高です。
クラシックギター さすが長い歴史をもつ
ギターブランドの最高機種。
作り、反応、音量・・・
全てが満足いくものでした。

PAGE TOP