ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Silvertone 1460

シルバートーン / ビザール / フレットすり合わせ / ポジションマーク入れ /

 

60年代、ヴィンテージ・
ビザールギターの修理です。
ヘッドにあったと思われる
ブランドプレートは外れてありませんが
かすかにSilvertoneの文字が読み取れます。
何か所かのポジションで
音詰まりが発生するとのご相談。
各フレットの状態・・・
ネックの動きなどをチェック。
トラスロッドで反りを修正して
擦り合わせなどの作業を行います。
ネックプレートには
「made in japan」の刻印があります。
当時テスコ、ハーモニー、ナショナルなど
様々な製造メーカーにシルバートーンの
ブランド名がつけられていたそうです。
ネックポケットには
角度修正する為のシムが
かましてあります。
擦り合わせ前に
浮きが大きいフレットを入れ直して・・・
全体を均します。
ヤスリなどでフレットを再成形。
コンパウンドで磨いて仕上げます。
続いて指板サイドに
ポジションマークを入れます。
現状、マジックで書かれていますので・・・
消します。
白バインディングですから
黒のプラ棒を使います。
下穴を空けて・・・
接着剤と一緒に押し込みます。
軽く均して仕上げ。
弦を張り最終のセッテイングをします。
オクターブを調整。
弦高も弾き易い高さに。
リペア後は音詰まりも解消。
ホロウ・ボディらしく生鳴りも心地よい
COOLなビザールギターでした。

PAGE TOP