ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

SUPRO SAHARA

SUPRO / ネック反り修理 / ビザール / フレット交換 / 全体調整 / 指板再接着 /

 

60年代物、スプロ・サハラという
珍しいギターの修理です。
このスプロというブランドはギターの他に
アンプも制作していたそうです。
ボディはレゾグラスと呼ばれる
繊維強化プラスティック製。
1vol、1tone、サイズが大きめな
シングルコイル、1ピックアップ仕様。
PUカバーには何やら印刷されています。
ご相談は
ネックが反っていて
弾き辛いとのこと。
ネックの状態をチェック。
かなりの極太ネックですが
順反りが非常に強い状態。
弦高を下げるとハイポジションで
多数、音詰まりが発生します。

反りを修正出来るアジャストタイプの
ロッドは入っていませんので
まずはネックアイロンで
反りの修正を試みましたが・・・
全く効果が出ません・・・。
ネックの動きも大きい為、
指板を剥がしネックの状態を
確認する事にしました。
フレットを抜いて・・・
暖めながら
指板を剥がします。
途中、接着が非常に
強固な部分もありましたが
外れました。
ネックのチェック時、
強力磁石に反応しなかったので
金属性のロッドは入っていないと
思いましたが、、、。
ネックにはアルミ製の
ロッドが仕込まれていました。
劣化した
樹脂系接着剤を剥がし・・・
ネックと指板の当りを
調整して・・・
指板を接着。
乾燥後、
続いてフレット交換の
下準備です。
フレット溝、指板のアールなどを調整。
新たに打ち込むフレットを曲げて・・・
各フレットの長さにカット。
打ち込みます。
フレットサイドを削り・・・
指板サイドのバリ処理などを行い・・・
指板脇の塗装を補修。
続いて
フレットの擦り合わせ。
各フレットの高さをチェックして
全体を均します。
フレットの頂点を再成形。
フレットを仕上げます。
ネックとボディは
ボルトで繋がれていますが
一度外すと毎回セッテングが
微妙に変わり、調整が少々
厄介なタイプ。
ボディはレゾグラス製の
表裏、2つの型を
白いパッキンを間に挟み
数個のネジで止められており
内部はセミホロー構造と思われます。
オリジナル木製ブリッジサドルも
趣がありますが・・・
今回は
Tune-O-Maticサドルの穴を
拡張して取り付け。
反応もシャープになり
細かいオクターブ調整も可能になりました。
リペア後は大きな反りも解消。
弦高も低めにセッテング出来て
ハイポジションまで弾き易いギターなりました。
ビザール系に分類されるギターですが
以外に出音は芯があり使えるサウンド。
非常にユニークな構造でリペアには
戸惑いましたが、雰囲気があり
魅力的なギターでした。

PAGE TOP