ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Yamaha CPX900

YAMAHA / 全体調整 /

 

ヤマハのエレアコ。
コンパスシリーズ、
CPX900のメンテナンスです。
トップ板は単板スプルース。
サイドバック材は合板ですが
綺麗なフレイムメイプルが使われています。
ギター内部をチェック。
ブリッジプレートには
4個のピエゾが仕込まれています。
ヤマハ独自の
3way SYSTEMと呼ばれるシステムで
イコライザー搭載したプリアンプ部で
箱鳴り感をコントロール出来ます。
弦高をチェック。
12フレット上の弦高は
3.5mm以上ある為、
少々高い状態です。
ネックの反りを確認して・・・
トラスロッドで反りを修正。
サドルには調整の
余裕が十分ありますので・・・
目標弦高まで削ります。
あわせてナット溝を調整。
ブリッジピンホールも調整して・・・
弦高調整は完了して・・・
弾き易い弦高にセッテング。
ボディ、ネック、
指板、フレットの汚れを落として・・・
メンテナンス完了。
メンテナンス後は
ハイポジションまで
弾き易いギターになりました。

PAGE TOP