ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Yamaki CF-115

ネックアイロン / フレット交換 / ヤマキ /

 

古いヤマキ製、
フォークギターの修理調整です。
1970年前後に製作されたと思われる
あまり見かけない珍しいモデル。
クラシックギターと同じ位のサイズで
12フレットジョイント。
スロッテッドヘッドで
ゼロフレット仕様。
アジャスタブル・ブリッジ。
非常にユニークなモデルです。
ギター内部もチェック。
12フレット上の弦高が3.5mm以上あり
非常に弾き辛いとのご相談。
サドルには弦高調整出来る余裕もなく
順反りも強い状態ですので・・・

アイロン修正、指板調整などの作業で
弾き易い状態に調整します。
何度かの施工で
強い順反りを修正。
続いて
指板調整、フレット交換を行います。
フレットを外し・・・
指板調整の作業を効率的に行う為
ナットも外しておきます。
指板のアールを確認。
フレット溝を補修して・・・
指板のアールなどを調整。
指板上、紛失していた
ポジションマークも入れます。
新たに打ち込むフレットを
溝の長さにカットして・・・
フレットの打ち込み。
フレット端をカット。
指板サイドなどバリ処理
ナットは溝が狭かったので
調整して取り付け。
フレット擦り合わせ前に
フレット上の凹凸を確認。
高い部分を中心に
全体を削ります。
専用ヤスリで頂点を出して
フレットを成形。
磨いて仕上げ。
指板サイドの塗装も均して磨き
フレット周りの作業は完了。
続いて
アジャスタブル・ブリッジの調整。
ボディの汚れをクリーニングして
最後に新しい弦を張り・・・
全作業完了です。
弦高も弾き易い高さに
調整出来るようになりました。
材が十分に乾いている為、
ダイナミックなサウンドが
心地良いギターでした。

PAGE TOP