ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Fender Stratocaster

Fender / ナット交換 / フレット交換 /

 

オーナー自らフレット交換にチャレンジしたという
ストラトキャスター。すり合わせなど、この後の
作業をしてほしいとの事・・・・でしたが、
場所によっては簡単にフレットが抜ける状態でしたので
再度溝を調整し直してフレットを打ち直します。 
フレットを抜きネックの状態を見ます。
ネック自体はいいコンディションでしたが
前々のオーナーが豪快に行ったスキャロップ加工
の跡は見なかった事にします・・・。
溝の調整など色々してフレットを打ちます。
全てのフレットを打ち直しました。
フレット端の修正。
フレットのすり合わせ。
角を落としバリ取り、磨きでフレットの方は終了。 
次はナット交換です。
こちらも自ら交換にチャレンジしたとの事。
只、溝のR加工が崩れていましたので
ストレートに溝を修正しナットを取り付けます。
鑿などで溝を修正。
溝が修正できましたら新たに取り付けるナットの
各面の平面を出してナット溝のサイズに合わせます。
ナットがピッタリ収まったら大まかな高さを
記します。
ナット溝を軽く切ったら実際に弦を張り
音色を確認しながら調整します。
音色の調整が済みましたら磨いて完成です。
ストラトキャスター、リペア、修理 非常にチャレンジ精神旺盛なオーナー様のギター。
ストラトらしくとても扱いやすい音色のギターでした。

PAGE TOP