ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

TAYLOR 615CE

TAYLOR / ネックアイロン / フレットすり合わせ /

テイラー・ギターの修理調整。
ボディ・シェィプは比較的
珍しいジャンボ・タイプです。
サウンドホールには
サンライズ・ピックアップが
取り付けられています。
オーナー様からはネックが反ってきて
少々弾き辛いので修理調整して欲しいとのこと。
弦高は6弦、12F上で約2.9ミリ程。
ネック状態をチェックすると、チューニング時に
順反りが強くロッドに調整の余裕もありません。
このままサドルを調整して弦高を下げると
音詰まりが発生しますので
ネックを良い状態にした後、
弾き易い状態にセッティングします。
時間をかけて熱でネック反りを修正。
チューニング時に真っ直ぐな状態になりました。
次はフレットを調整。
各フレットの高さをチェック。
フレット上を均した後、
専用工具で形を成形。
磨いて・・・
仕上げます。
次は弦を張りナット溝を修正。
高さ、接点を調整します。
ネック反りなど修正後は
サドル底を削らなくても
充分に弦高が下がりました。
オーナー様のご希望通りハイポジションまで
弾き易いギターになり・・・・
リペア完了。
サイドバック材は見た目も
綺麗なメープル。
さすがジャンボサイズ。
硬質でパワフルな音が
印象的なギターでした。

PAGE TOP