ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Akuon Guitar

サドル交換 / ナット交換 / ブリッジ再接着 /

 

国産アコースティック・ギター・メーカー
Akuonの修理依頼。
指板にはゴージャスな
ツリー・オブ・ライフのインレイが施されています。
サイド・バック材は
木目の綺麗なハカランダ。
ネックコンディションは非常に良い状態。
オーナーの方からは
剥がれたブリッジの修理依頼・・・
併せてナット、サドル交換をして
演奏性、音質UPをめざします。
このギターは指板が長く
ギター内部での作業性が悪いので
気をつけてサウンドホール内に
当て木、クランプなどをセットします。
ラバーヒーターでブリッジを暖めます。
接着剤が充分に緩んだら
隙間にナイフを入れて・・・
ゆっくり剥がします。
接着剤、残っていた塗装を
ブリッジ際まで落とします。
ブリッジと表板の当り面を調整後
ブリッジを接着。
クランプをかける順序を
確認後、手早く作業して
はみ出た接着剤を
拭き取ります。
数日、乾燥させます。
乾燥後、
ブリッジ・ピン穴を調整して
ブリッジ剥がれ修理は完了。 
次はナット交換。
ナット際にナイフを入れて・・・
外します。
ノミなどでナット・スロットの接着剤を除去。
ナット溝に交換する
牛骨ナットのサイズを合わせます。
ナットの各面の平面を調整。
溝サイズに合わせたら
高さを記し・・・。
ヤスリで削り、大まかな形に成形します。
溝に軽く接着後、
弦間を罫書き・・・
ナット接点の調整をして・・・
周りをマスキングして
荒仕上げのナットの形をヤスリで整えます。
最後はマイクロメッシュで磨いて・・・
電球の明かり
映りこむ位に磨いて仕上げ。
次はサドル交換。
牛骨素材を
サドルスロットの長さに
合わせカット。
底面の平面を出して・・・
サイズを合わせます。
指板のアールを確認。
ネックの動き、フレット等の状態から
目標弦高決めて成形。
目標弦高に調整後
マイクロメッシュなどで磨いて仕上げたら・・・
サドル交換も完了。
ボディ鳴り等とバランスを見ながら
弾き易い弦高にセッティング。
最後に指板をマスキングして
フレットを磨き・・・
ピカピカに仕上げます。
ナット交換など全てのリペアが完了。
サドル交換、ブリッジ修理後は
弦振動をしっかりボディに伝えます。
芯のしっかりした硬質な音色が印象的。
ボディサイズ、サイド・バック材など、、
作りの特性が音によく出たギターでした。

PAGE TOP