ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Aria AC-25

Aria / クラシックギター / ネックアイロン / フレットすり合わせ / ブレーシング剥がれ /

 

Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア トップ板にシダー単板を使い
値段の割りにしっかりした作りの
クラシックギターの修理。
弦高が高く弾き辛いので直してほしいとの依頼。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア ギター内部の様子をチェックしましたら
裏板側、力木の端に剥がれがありましたので
先にそちらを修理します。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 反対側も少し剥がれています。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 接着剤をすり込んで圧着。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 表側からもクランプして乾燥を待ちます。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 力木の修理が終わりましたら
ネックの状態をチェック。
ボディとネックはスルーネックで組んで
ありますが、ネックは軽い元起きと
5~7F辺りを中心に強めの順反り状態。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア サドルは弦高を下げる為
削られていますので高さに余裕はありません。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 弦高は12F上で約3.7ミリ位ですので
少し高い状態です。
オーナーの方と相談してネックアイロン修正を
行い、弦高を下げ弾き易い状態に
修理調整する事にしました。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア ネックの反り方は個体により様々ですので
慎重にをチェックして何度かに分けて修正。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 修正後、ネックの元起き、順反りは解消。
弦高も約2.3ミリ位まで下がりました。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア ネックのコンディションも良くなりましたので
フレットのすり合わせを行います。
各フレット上の凹凸をチェック。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア このギターはネックの動きも大きい為
チューニング時にネックが真っ直ぐな状態に
なるようにテンションをかけた状態で
すり合わせを行います。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア すり合わせ後は平らになったフレットを再形成。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 専用工具でフレット頭を丸めて
弾き易い形にしていきます。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア フレットの形が整いましたら
紙ヤスリで少しずつ傷を落とし・・・
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア スチールウールで磨きます。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 最後は金属用コンパウンドで仕上げ。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア ナットなどを調整してリペア完了。
Aria,アリア,AC-25,ギター,修理,リペア 明るい音色が心地良いギター。
修理後は弦高も下がり
非常に弾き易いギターになったと
オーナの方にも喜んで頂きました。

PAGE TOP