ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Cat’S Eyes CE-1200TW

12弦 / クラック修理 / フレットすり合わせ / ブリッジプレート補強 /

 

80年代前半に製作された東海楽器のブランドギター
Cat’s Eyesのスタイル45タイプ、12弦ギター。
当時、非常に完成度の高いマーティン・ギターの
コピーモデルを製作。フアンの方も多いと思います。
トップ板のクラック修理、フレットのすり合わせ等々・・
不具合部分を修理します。
 20年以上前に貼り付けたつけたという
ピエゾ・ピックアップ。 
 現状、必要ないとの事でしたので外しました。
 古いテープを除去して周りをクリーニング。 
 次は表面板にできたクラックの修理をします。 
 力木の間に2ヵ所パッチを当て補修する事にしました。
 強力磁石でパッチをクランプ。
 これ以上割れ部分が広がるのを抑えます。
 表側からも接着剤を刷り込み。
 目を凝らして見れば跡は残りますが
ぱっと見では、ほとんど目立たなくなりました。
 次は弦のエンドポールなどで
痛んだブリッジプレートのリペアです。
 ブリッジに専用工具をセットして・・・
 痛んだプレートをくり貫きます。
 あらかじめローズウッドの端材から作った
プラグをくり貫いたプレート部分に接着して補強します。
 ギター内部、プレート部分にあて木をしてクランプ。
 今回は12弦ギターですので4回に分けて作業します。
 12個のプラグを貼り付け、乾燥しましたら
ドリルで弦の通り穴をあけ直します。
この時、補強部分がチップしないように
裏側にあて木をしてドリルで貫通させます。
 補強後。
 ブリッジプレートの補強が終わりましたら
ブリッジピンとピン穴のサイズをリーマーで合わせます。
 ブリッジピンがしっかり奥まで入るように調整。
 リペア後は弦エンドポールをしっかり
支えられるようになりました。
 次はフレットのすり合わせをします。
まずは弦を張りネックの状態を確認。
 トラスロッドで出来るだけ
ネックを真っ直ぐな状態に調整します。
 各フレットの凹凸もチェック。
 高いフレットを中心に全体を均します。
 すり合わせ後、平らになったフレット。
 この後、弾き心地が良くなる様に形を整えます。
 専用工具でフレットの頭を丸めます。
 紙ヤスリなどで角を落としながら
少しずつ磨いていきます。
 最後は金属用コンパウンドで磨いて・・・
 仕上げ。
 形成後は非常に滑らかな弾き心地になります。
 次はサドル底面を削り弦高調整。
 調整後、マイクロメッシュで磨き・・・
 サドル調整も完了。
 弦高調整と併せてナットの弦溝も調整。
 サドルと同じように
マイクロメッシュで磨いて仕上げます。
 弦高も弾き易いように少し低めにセッティング。
 低音から高音まで各弦のバランスも良く
12弦ギターならではの爽やかな音色が
印象的なギターでした。

PAGE TOP