ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Epiphone Texan

Epiphone / クラック修理 / ネック折れ / ブリッジ再接着 /

 

60年代製、エピフォン・テキサン。
ポールマッカートニーが「イエスタデイ」を
演奏したギターとして有名です。
元のアジャスタブル・サドルは・・・
取り外し可能な黒檀のサドルに
改造されています。
トップ板、ピックガード脇にクラック。
内部の状態もチェックします。
PG脇のクラックは
かなり古い様です。
スプルースのパッチを裏から接着。
割れに沿い接着剤を入れて
広がりを防ぎます。
続いてブリッジ剥がれの修理。
先にドット・インレイの下に
仕込まれている・・・
ブリッジ固定ネジを外しておきます。
ブリッジを暖めて・・・
徐々にブリッジを外します。
外したら古い接着接を除去。
際の塗装をタッチアップで修正。
外したブリッジの固定ネジは
緩むと共振などの不具合を
起こしますので今回はご相談の上
木に変更こます。
(オリジナルの固定ネジタイプにも
簡単に変更出来ます。)
表側、
ドット・インレイも入れ直します。
ブリッジの当たり面を調整したら
手早くクランプ。
3~4日乾燥させて
ブリッジ再接着は完了。
次はヘッドにある、
ヘアラインクラックの修理をします。
ペグを外し・・・
クラックに接着剤を流し、クランプ。
タッチアップ塗装で
クラック部分の湿気止め。
乾燥後、均して・・・
仕上げ。
弦を張る前に
ブリッジピンホールなどの
その他を微調整。
ナローネックの為
エレキから持ち替えても
全く違和感ありません。
適度に乾いて
豊かな響きが心地良い
貴重なヴィンテージギターでした。

PAGE TOP