ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

FENDER PRECISION BASS

Fender / ナット交換 / フレット交換 / ベース / 配線材交換 /

 

Fendr PBのフレット交換&総合調整です。
ネックの状態を確認して作業にかかります。
ハンダで暖めて専用工具で消耗したフレットを
抜いていきます。
ナットも取り外します。
指板の状態を確認。
指板を#240から#800番くらいのヤスリで
Rを崩さないように軽く磨いておきます。
フレットを打ち込む準備です。
指板のRより少し強めに曲げておきます。
新たなフレットを打ち込みます。
全てのフレットを打ち終えました。
打ち込んだフレットの端を斜めに処理します。
フレットのすり合わせです。
高い場所を削り、ストレートを出していきます。 
すり合わせで平らになったフレットの頭を
丸めていきます。
フレットの端をなだらかにしておきます。
弾き易さがUPします。
フレットを磨きます。
フレット交換を終えたらナット製作です。
フェンダー系はナット溝にR加工されている
タイプもありますのでナットの底も合わせて
加工します。
ナット底・幅がピッタリ合う様に加工しました。
高さを記します。
ナットの形を整えます。
磨いて加工終了。
この後は実際に弦を張ってナット溝を調整します。
音色を確かめながら溝を調整。
フレットも磨いておきます。
次は配線材の交換。
配線はシンプルな1Vo,1Toneです。
ピックアップからのリード線以外をビンテージの
線材に交換します。
交換する線材はWestern Electric製。
音の抜けが期待できます。
交換後、弦高・オクターブ調整などして終了。

PAGE TOP