ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Fender Telecaster Deluxe

Fender / ジャックプレート / メンテナンス /

 

2004年に再発された
72 Telecaster Deluxeの修理調整です。
ヘッドはラージヘッド・・・
ギブソンのハンバッカーとはキャラクターの違う
ワイドレンジ・ハムバッカーを2基搭載しています。
テレキャスに非常に多い不具合。
ジャックプレートはガタガタになっています。
今後の耐久性も考えて今回は
丈夫で軽い専用パーツに交換します。
ガタガタの不具合は解消。
ボディ外側に固定ネジを取り付けないので
元のジャックプレートに戻すことも可能です。
ノブも欠けていますので・・・
交換。
ピックアップの切替スイッチも
不具合がある為、交換します。
ザグリ部分がスイッチ切替時に干渉する為、
スイッチの耐久性が落ちていたようです。
干渉しないように若干ザグリを広げて・・・
新たなスイッチを取り付けます。
ザグリ修正後は
スイッチ切り替えも
スムーズになりました。
ストラップピン穴も劣化で
ガタガタ緩くなっています。
木で埋めて・・・
再度、下穴を開けて・・・
取り付けます。
ガタつきも解消。
続いて
ネック周りのメンテナンス。
ネックの状態をチェックして
トラスロッドで反りを修正。
ネックの状態も非常に良くなりました。
フレットに大きな凹みがありますので
擦り合わせを行います。
各フレットの高さをチェックして・・・
全体を均します。
専用ヤスリで頂点を出して・・・
フレット再成形。
形を整えて
磨いて仕上げます。
続いて
ネックサイドのバリ処理後、
塗装を補修。
磨いて、滑らかに仕上げます。
新しい弦を張り
弦高、オクターブを調整して・・・
メンテナンス完了。
リペア後は
ジャックなどの不具合も解消されて
安心して演奏を楽しめます。

PAGE TOP