ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson Country Western

Gibson / フレットすり合わせ / フレット交換 /

1965年製、ギブソン・カントリーウエスタン。
1から3フレットだけを交換する
部分フレット交換のご依頼です。
この年代のギブソンのフレットは幅が広く
高さが低いものが使われていました。
このギターは何故か過去に行われた
フレット交換時に1から3フレットだけ
細めのフレットに交換されています。
4フレット以降のフレットの幅は
約2.7ミリ位あります。
それに比べ1から3フレットの幅は
約2ミリ程です。
1~3Fをオリジナルサイズに近いフレットに
交換して違和感なく仕上げます。
フレットを半田で暖めて・・
指板がチップしないよう
注意して抜きます。
フレットを抜き終えました。
指板、フレット溝を調整します。
溝をクリーニング。
指板、溝の調整は完了です。
指板のアールを確認して・・・
交換するフレットも指板アールに
合わせて曲げておきます。
このギターには指板回りに
バインディングがあります。
溝の長さに合わせフレット・タング・ニッパーで
両端をカット。
ヤスリで両端を処理して・・・
溝の長さに合わせ・・・
打ち込みます。
余分な部分をカット。
フレットサイドをヤスリで削り・・
フレット端を斜めに削り落とします。
交換した1~3フレットの高さを
大まかに落としておきます。
弦を張りネックの状態をチェック。
ロッドで反りを調整。
各フレット上の凹凸もチェック。
高いフレットを中心に全体を均し
すり合わせます。
すり合せ後はフレットの成形。
手で触って引っ掛かりのない様に
フレット・エッジを処理して
フレットの頂点を整えます。
紙ヤスリ、スチールウール等で
滑らかになるように磨き
最後にコンパウンドで仕上げます。
フレット交換後は
違和感なく仕上がりました。
弦高調整。
アジャスタブルブリッジの
サドル素材はセラミックです。
ナットの弦溝も調整。
弾き易いように低めにセットして
全てのリペアが完了。
ボディ鳴りが非常に良く
セラミックサドル独特のリバーブ感が
気持いいギターでした。

PAGE TOP