ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson J-50 Deluxe

Gibson / サドル交換 / ナット交換 / ネックアイロン / フレット交換 / ブリッジプレート補強 /

 

70年代製、
ギブソンJ-50デラックス。
ボディは通常のJ-50と違い
スクエアショルダー・・・
ダブルXブレーシングや
スケール、ネックなどの
作りの違いがサウンドの
個性となっています。
オーナー様からは
弦高が高く弾き辛いので
直してほしいとのご依頼。
ネックの状態をチェックしますと
順反りが強い状態です。
12フレット上の弦高は約4mm。
トラスロッドにも反りを修正する余裕がなく
サドル高さも余裕はありませんので・・・
アイロン修正、
指板修正などあわせて
弾き易い状態に調整します。
ネック反り修正の合間に
傷んだブリッジプレートを補強します。
メイプルの補強材。
傷んだ部分を削り、
メイプルの補強材で
一度ブリッジピン穴を塞ぎます。
再度穴を開けて・・・
穴サイズを調整。
プレート補強後は
弦の振動をしっかり
ボディに伝えます。
何度かの修正により
ネックの状態も改善されましたので・・・
ナット、フレット交換を行います。
元ナットは高さが足りなくなって
下にシムを敷いて使っていたようです。
消耗したフレットを外し・・・
フレット溝を補修して
指板を調整。
新たなフレットを打ち込み。
フレットサイドを均して・・・
バリ処理。
指が引っ掛からないようにします。
指板サイドの塗装も
補修して均します。
あわせて
ナット交換。
ナット溝のサイズにあわせて削り
大まかな形に成形。
ナットの溝切り。
続いて
フレットの摺り合わせ。
高さをチェックして全体を均します。
削ったフレットを再成形。
磨いて・・・
フレットを仕上げます。
ナットの形も整えて・・・
磨いて仕上げ。
ネック反り修正後、
元のサドルでは弦高が
低くなりすぎましたので
新たに作り直します。
溝のサイズに削り・・・
目標弦高にして
オフセットスタイルで制作。
最後にネック裏、ボディ・・・
パーツの汚れを落として・・・
リペア完了です。
トラスロッドにも余裕がある状態で
強い順反りも修正出来ました。
弦高もハイポジションまで
弾き易い高さにセッテング。
リペア後は
軽いピッキングでも
音の反応もアップ。
芯のあるサウンドになりました。

PAGE TOP