ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン・サザンジャンボ

Gibson / サドル交換 / ナット交換 / フレット交換 / ブレーシング剥がれ /

 

ギブソンJ-45の上位機種、
サザンジャンボ。
フレット交換などを行います。
戦中時に採用されていた
バナーヘッドなど
当時の復刻モデル。
ギター内部をチェック。
スキャロップブレーシング仕様。
L.R.BAGGS Anthemが
搭載されています。
ブレーシングに剥がれが
ありますので後ほど修理します。
ネックの状態をチェック。
ナット・・・
フレットを外します。
フレット溝の補修、
指板調整を行います。
フレットの下処理をして・・・
打ち込み。
フレット端をカット。
サイドを削り・・・
フレットサイドの
バリ処理。
フレット成形とあわせて
ナットも製作します。
牛骨素材を
溝の形に合わせ、
大まかに成形。
弦間を切り・・・
接点を調整。
続いて
擦り合わせです。
フレット上を均して
フレットを再成形。
磨いて仕上げ。
続いて
サドル交換。
牛骨素材
溝のサイズに成形。
目標弦高に調整して
形を整えます。
粗仕上げのナットも
形を整えて磨きます。
最後に剥がれた
ブレーシングの修理。
ギター内部の
プリアンプを外して・・・
剥がれた部分に
接着剤をすり込んで・・・
圧着。
乾燥を待ちます。
もう一方のブレーシングにも
接着剤をすり込んで・・・
圧着。
最後に新しい弦を張り・・・
リペア完了です。
ご希望通り
ハイポジションまで
弾き易い弦高にセッテング。
スキャロップブレーシングの影響で
中低音のしっかりした箱鳴り感が
楽しめるギターでした。

PAGE TOP