ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin D-28

Martin / クラック修理 / サドル交換 / ネックリセット / フレットすり合わせ /

 

Martin D-28 リペア 1997年製、 Martin D-28。
ネック修理のご依頼です。
Martin D-28 リペア ネックの状態をチェック。
ネックジョイント辺りが
元起きしています。
Martin D-28 リペア ギター内部をチェック。
力木、プレートなどに問題はありませんが
表面板の張り合わせ部に
少し剥がれがありますので
後ほど修理します。
Martin D-28 リペア ネックを外す準備。
指板の接着を緩めておきます。
Martin D-28 リペア フレットを抜き・・・
Martin D-28 リペア 穴を空けます。
Martin D-28 リペア その穴から高温の蒸気を入れて・・・
Martin D-28 リペア ネックを外します。
Martin D-28 ネックリセット ジョイント部分。
Martin D-28 ネックリセット 古い接着剤を除去して・・・
Martin D-28 ネックリセット 数日乾燥させます。
Martin D-28 ネックリセット 乾燥を待つ間にトップ板、張り合わせ部の
ハガレを修理します。
Martin D-28 クラック スプルースの端材から
作ったパッチを・・・
Martin D-28 クラック ギター内部、ハガレ部分に接着して
広がるのを防ぎます。
Martin D-28 クラック 2回に分けて接着。
Martin D-28 ネックリセット ネック部分がしっかり乾燥したら
ネック角度を修正します。
まずはホゾ部分を補強。
Martin D-28 ネックリセット 定規で確認しながら・・・
Martin D-28 ネックリセット ノミで仕込み角度を調整。
Martin D-28 ネックリセット ボディとの当たりを調整します。
Martin D-28 ネックリセット 削って蟻ホゾの効きが甘くなった分、
ツキ板を張り効き具合を調整。
Martin D-28 ネックリセット ツキ板などを削り
中心も合わせます。
Martin D-28 ネックリセット その他、細部調整後
ボディとネックを接着。
Martin D-28 ネックリセット 数日乾燥させます。
Martin D-28 ネックリセット 続いて、フレットを調整。
蒸気を入れるのに空けた
15フレットの穴を埋めて・・・
Martin D-28 ネックリセット フレットを打ち込みます。
Martin D-28 フレット 弦を張りネックの状態を確認。
Martin D-28 フレット ネックリセット前、
12フレット上の弦高。
Martin D-28 フレット ネックリセット後。
ネック仕込み角度が変わりましたので
弦高も下がります。
Martin D-28 フレット フレット上の凹凸をチェックして
フレットを擦り合わせ。
フレット全体を均します。
Martin D-28 フレット 専用工具などで
フレットを成形。
Martin D-28 フレット コンパウンドなどで磨いて仕上げます。
Martin D-28 サドル リセット後、元サドルのままでは
あまりにも弦高が低いので
サドルを作り直します。
Martin D-28 サドル 新たに取り付ける牛骨素材、
各面を整え溝のサイズに合わせ・・・
Martin D-28 サドル 大まかに削ります。
Martin D-28 サドル 弦高調整後、形を整え
マイクロメッシュで磨いて・・・
Martin D-28 サドル 仕上げます。
Martin D-28 サドル ナット溝を微調整して
弦高も低めにセッティングして
リペア完了。
Martin D-28 リペア、NINTH(ナインス) リセット後は
ハイポジションまで弾き易くなって
音の反応もUPしたとの事・・・よかったです。

PAGE TOP