ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Takamine DSP620K

Takamine / ブリッジ修理 / 全体調整 /

ブリッジが破損した
タカミネ製、エレアコのリペア作業。
トップ材はスプルース、
サイド、バックはコア材が使われています。
破損したブリッジ。 
元のブリッジ形状は参考写真のような
ブリッジピンを使わないで弦を通す
スルーブリッジ構造でした。
今回、破損した欠片も無い状態ですので
破損部分を補修して
ブリッジピンを使うオーソドックな
ブリッジの形状にカスタマイズする事にしました。
作業前にギター内部など
細部をチェック。
サドル下にはタカミネ独自の
「パラセティッククリスタル」という
ピエゾピックアップが搭載されており
ブリッジプレートは少々、特殊な
形状になっています。
改造前に
サドル上、弦間など確認。
ボディにミニルーターをセットして
ブリッジ破損部分を少しずつ掘り進めます。
この部分にブリッジ材と同じ
黒檀を合わせ、新たな形を作っていきます。
ブリッジ製作用の黒檀。
削った部分に合わせ
切り出します。
当り面を調整して・・・
充填効果の高いエポシキで接着。
乾燥後、中心を割り出し
弦を通す穴の寸法を記します。
中心などチェック。
ドリルドライバーで
新たな弦通しの穴をあけます。
その際、プレートがチップしないように
ブリッジプレート側、当て木をして行います。
ヤスリで削り・・・
ブリッジの形状を整えます。
その後、ブリッジピンホールを調整。
面取りをして・・・
最後に軽くブリッジを染めて
補強部分を馴染ませます。
ピエゾピック、サドルを取り付けて
ブリッジのカスタマイズは完了。
次は汚れたフレットをクリーニング。
指板をマスキング。
スチールウールなどで磨いて仕上げ。
実際に弦を張りネック等をチェック。
トラスロッドで反りを修正。
弾き易いように
弦高も低めにセッティングして
リペア完了。
補強改造したブリッジの強度は問題なく
見た目も全く違和感なく仕上がりました。
サドルは1、2弦と3~6弦で分離してある為、
ピッチも安定。コア材らしい
優しく甘い音が心地よいギターでした。

PAGE TOP