ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

YAMAHA SG3

YAMAHA / ゼロフレット交換 / 全体調整 /

 

1966年製、
ヤマハSG3のメンテナンス。
ヤマハが初めて
発売したエレキギター。
もう50年前のギターですから
貫禄のヴィンテージギターです。
フェンダーの影響を感じる
コントロール部分。
ギターの状態を確認。
ゼロフレットの摩耗が激しく
弱く弾いても開放時にビリ音が発生します。
弦高も少々高いようです。
個性的で実用的なブリッジサドルは
一番下まで下がっています。
このままでは弦高は下げられないので
ネック角度を修正します。
ネックプレートを外すと・・・
凝った作りですね。
この穴からトラスロッド調整が
出来るようになっています。
ネックを外し・・・
テーパーをつけた
メイプルのシムでネック角度を調整。
続いて消耗した
ゼロフレットを交換します。
フレットの高さなどをチェック後、
新たに打ち込むフレットを下処理して・・・
専用工具でプレス。
フレット端が引っ掛からない様に
バリ処理など行い・・・
フレット周りを調整。
電気周りもチェック。
ボディなどの汚れを
クリーニングして・・・
メンテナンス完了。
リペア後は弦高調整の
高さ余裕もできて・・・
弾き易い弦高にセッテイング。
モズライト、グヤトーン、テスコと並び
往年のエレキサウンドを彷彿させる
貴重なギターでした。

PAGE TOP