ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ナット交換

ナット交換 /

 

ナット交換 塗装がナットにのっている場合は切り込みを
入れます。外す方法は溝のタイプにより様々ですが
当て木をあて木づち等で軽く叩いて外します。
取り付け溝が深い場合はノコギリで
削り落とします。
ナット交換 残った接着剤をノミ等で剥がします。
溝の幅に合うように新しいナット素材に
寸法を記します。
ナット交換 ナットの各面の平面出しをします。
溝にぴったり入る様になるまで調整します。
単純な作業ですが弦の支点となりギターの音色
に大きな影響を与える場所ですから慎重に
作業します。
ナット交換 ナットの密着度をチェックします。
ナット交換 ぴったりのサイズになりましたら形を
整えていきます。
ナット交換 ナットの上面を形成します。
ナット交換 元のナットと同じ弦幅になる様に専用スケールで
ナットに記し溝切りノコギリで切り込みを入れます。
ナット交換 この先はギターに取り付けて調整をします。
ギターに弦をはり音色を確認しながら
専用ヤスリで高さ、角度、接地面などを
調整します。
ナット交換 8割くらい調整したらとりあえずやめます。
仕上げは最後にサドルの調整とあわせて
行います。

PAGE TOP