ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

パーラーギター

ブリッジ改造 /

 

以前フレット交換等のリペアをした
古いパーラーギターのブリッジ。
サドル部分にはフレットが打たれています。
以前はラップスチールギターのように
弾かれていたのでしょう。
このままでは弦高の調整が難しいため
弦高調整可能な通常のサドルに改造
してほしいとの依頼。
ネックの状態をチェックして新たにサドル溝を
掘るか計算します。
サドルの代わりに打たれていたフレットを
抜きます。
写真では判りにくいですがかなり細いフレット
が打たれていました。
新たにサドル溝を掘る為のジグをセットします。
度かに分けてミニルーターで溝を掘り下げます。
希望の深さになりました。
ブリッジ自体もボディサイズに比べかなり厚めです。
強度など考慮して削ります。
ブリッジも希望の高さになりました。
ブリッチの表面形状を整え磨いておきます。
ブリッジは完成です。
次は新たなサドルを作ります。
サドルに使う牛骨の平面を出し
溝にピッタリ合う様削ります。
サドルが溝におさまりました。
サドルの形、高さを大まかに削ります。
弦高を調整したら磨いてやります。
弦を張り終了。 
ブリッジ改造後は弦高も低くセット。
軽いタッチでも反応が良くなりました。

PAGE TOP