ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Fender Telecaster Deluxe

Fender / ナット交換 / フレット交換 /

 

70年代製、
フェンダー・テレキャスター・デラックスの
フレット交換のご依頼です。
少し大きめのネックヘッドは
60~70年代ストラトに使われたラージヘット。
ピックアップはフロント、リア共に
「ワイルドレンジ・ハムバッカー」といわれる
フェンダーでは珍しいハンバッカーがついています。
当時、フェンダーらしいハンバッカーを作る為に
ギブソン社のエンジニアを迎えて作ったそうです。
ネックジョイントは70年代に多い3点止めのタイプ。
6角レンチで容易に仕込み角を変更出来ます。
指板は塗装も所々剥がれていますが
飴色の焼け具合など・・・ヴィンテージ特有の
雰囲気がでています。
今回はこの雰囲気を残してのリフレットを
ご希望ですので、指板の塗装を残したまま
フレット交換を行います。
フレットを抜く前に
反りなどネックの状態をチェック。
非常に良い状態でした。
ネックを外し・・・
電気周りもチェック。
大きな問題はありませんでした。
それではフレットを抜いていきます。
塗装に切れ目を入れて・・・
溝、など痛めない様に
慎重にフレットを抜きます。
てのフレットを抜き終えました。
小さな欠けなどを補修して
溝をクリーニングしておきます。
フレット溝の調整後は
新たなフレットを打つ準備です。
指板のアールを確認。
ストレートのフレットを専用工具で
指板と同じ位のアールをつけます。
フレット溝の長さに合わせてカット。
打ち込む準備が出来ました。
ネックに大きな負担がかからないように
打ち込みます。
全てのフレットを打ち込みました。
余分な部分をカット。
フレット端をヤスリで斜めに落とします。
>フレットサイドを均したら
ラッカーで軽くタッチアップ。
乾燥後、均します。
すり合せ前にナット交換をしますので
古いナットを外します。
溝のアール面を崩さぬように
接着剤を取り除きます。
新しく取り付ける牛骨素材のブランク。
各面を均して溝のサイズに合わせます。
ナット溝のアールを確認。
ナット底面を指板のアールに
合うように削ります。
ナット溝の底面、端などのサイズを
合わせましたら高さを記し・・・
>大まかに削ります。
>サイズが合いましたら軽く接着します。
元ナットを参考に弦間を写し・・・
高さ、接点を調整しながら溝を切ります。
ナット溝の最終調整はフレットすり合せ後に
行いますのでここでは大まかに調整。
>すり合せ前にネックの状態を確認。
>トラスロッドで微調整。
>各フレットごとの高さもチェック。
高い場所を中心に全体を均し
フレット上の凸凹をなくします。
すり合わせ後、平らになったフレット形成をします。
フレットエッジのバリ処理。
平らになったフレット頭を
専用やすりで丸く形成。
紙やすりでフレットの傷を
徐々に消していきます。
スチールウールで磨き・・・
最後は金属用コンパウンドで仕上げ。
Fender Telecaster Deluxe、フレット交換 フレット交換は完了です。
ナット溝の最終調整。
調整後は形を整えて
コンパウンドなどで仕上げます。
Fender Telecaster Deluxe、ナット交換 ナット交換も完了。
弾き易い高さに弦高調整。
ピックアップ高さ、
オクターブ調整などをして・・
ヴィンテージらしい指板の雰囲気を残した
フレット交換は完了。
Fender Telecaster Deluxe、リペア、修理 フェンダーらしく力強く抜けの良い
音色が気持ち良いギターでした。

PAGE TOP