ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

フレット交換

フレット交換 /

 

フレット交換 半田コテでフレットを暖め喰切りで抜いていきます。
無理に引き抜かずフレットと指板の間を
ゆっくり移動して外します。事前にオイルを
すり込んでおきますと溝をあまり傷めずに
抜き取る事が出来ます。
フレット交換 溝が欠けたりした時は接着剤等で補修します。
溝の経年変化、腐食などでフレットを打っても
しっかり指板に喰い込まない場合は一度溝を埋めて
切り直します。
フレット交換 フレットを抜きましたらスケールで
ネックの状態を見ます。ロッドで調整出来る範囲の
反りなどは調整します。調整出来ないタイプのギターは
指板調整で出来るだけネックを真っ直ぐな状態にして
おきます。ネックの状態により事前にネックアイロン矯正
する場合もあります。
フレット交換 指板のRを確認。
ネックが真っ直ぐであればRが崩れない
程度にペーパーをかけ汚れを落とします。
フレット交換 指板が経年変化などで凸凹だったり
波うちがひどい場合は指板調整をします。
フレット交換 真っ直ぐになりましたら溝をクリーニング。
フレット交換 フレットを指板のRより少しきつめに
曲げておきます。
フレット交換 フレットをカットして打ち込む準備をします。
フレット交換 19F辺りのボディにかかる部分は専用工具で
プレスします。この方法ですとボディの負担が少なく
安全です。構造によってはこの専用工具が使えない
場合もありますので、その際はあて木をそえるなど
ボディの負担を軽くする工夫をして打ち込みます。
フレット交換 17F辺りからは別の専用工具を使って
フレットをプレスする場合もあります。
フレット交換 全て打ち込みましたら端をカットして
すり合わせ作業の準備をします。

PAGE TOP