ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン・レスポール ’52

Gibson / ナット交換 / ネックリセット / フレット交換 /

 

1952年製、
Gibson Les Paulのリペア。
シルクスクリーンのLes Paulロゴは
きれいに残っています。
Gibson '52 Les Paul,改造 この52年製レスポールは
57年仕様へ改造の途中で
持ち込まれました。
Gibson '52 Les Paul Conversion、リペア この後、作業を引き継いで
ネックリセットなどを行います。
元はトラピーズ・ブリッジでしたが
チューンオーマチックへと改造されて
ザグリもハンバッカーサイズに
広げられています。
ボディバック。
バックル傷など多数あります。
取り付けるピックアップは
VintageのPAF。
その他、持ち込まれた
近年物のRelic Partsなどを
後ほど取り付けます。
ブリッジは一度Nashvilleタイプを
取り付けたそうですがABR-1へと
交換してほしいとのこと。
スタッド・アンカーを外して
穴を木で埋めます。
レリック加工された
ABR-1タイプに変更します。
スケールを確認して取り付け。
52年製のレスポールは
ネック角度が浅い為・・・
エスカッションを取り付けると
簡単には弦高を下げられません。
その為、ネックを外して
仕込み角度を変えて調整します。
Gibson '52 Les Paul Conversion,ネックリセット ネックを外します。
ネック角度を変える為に
マホガニー材でシムを作ります。
ジョイントとボディの当たりを調整して・・・
ネック角度などを確認。
問題無ければ
再びネックを取り付けます。
ネック角度が変わった分、
ボディにかかる指板下には
メイプル材を継ぎ足し。
レスポール、ネックリセット 外した指板を貼り付けて
指板調整&フレット交換を行います。
レスポール、修理 指板接着後
バインディングなどを補修。
Gibson Les Paul、ゴールドトップ 指板修正を行い
フレットを打ち込みます。
Gibson '52 Les Paul Conversion、ナット交換 ナットもデルリン素材で
作り直して調整。
Gibson '52 Les Paul Conversion、フレット交換 フレットも仕上げ。
Gibson '52 Les Paul Conversion、ピックアップ 続いて
Vintage PAF、ポットなど・・・
持ち込まれた
パーツを取り付けます。
Gibson '52 Les Paul Conversion、配線 コンデンサーはバンブルビーではなく
「Grey Tiger」という53~55年頃の
ギブソン純正物とのこと。
Gibson '52 Les Paul Conversion、修理 アッセンブリーを組んだら
弦高、オクターブ調整を
行い作業完了。
Gibson '52 Les Paul Conversion,指板 指板下のシム分、
角度が変わり・・・
Gibson '52 Les Paul Conversion、エスカッション 弦高が下げられるようになりました。
塗装に細かいウェザーチェックは
かなり入っていますが
ゴールドトップ特有の緑化は
ほとんど起きていないですね。
Gibson '52 Les Paul Conversion サウンドの素晴らしさは
言うまでもないです。
作業完了まで長い時間を頂きましたが
無事復活です。

PAGE TOP