ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン SG

Gibson / ネックアイロン / フレットすり合わせ /

 

GIbson SGスタンダードのリペア。
ネックが反って弾き辛く、
弦高が下げられないとのご相談。
まずはネックの状態をチェック。
場所により音詰まりも発生しています。
トラスロッドは限界状態で・・・
ネックは順反りが強い状態です。
オーナー様と相談してアイロン修正で
ネック反りを直すことにしました。
何度かに分けて修正後。
強い順反りは解消。
ネック反り修正後は
3mm近かった弦高も下がりました。
続いて
フレット擦り合わせを行います。
ネックにテンションをかけた状態で
フレット全体を擦り合わせる事により
プレイアビリティを向上させます。
平らになったフレット頂点を・・・
専用工具で再成形。
やすりで徐々に傷を落とし・・・
コンパウンドで磨いて仕上げます。
続いてネック裏、ボディの汚れをクリーニング。
電気周りもチェック。
弦を張ってナットなど最終調整。
弦高・オクターブ調整をしてリペア完了です。
リペア後はトラスロッドにも余裕ができて
弦高も弾き易い高さにセッティング出来る様に
なりました。
アイガス・ヤングなど沢山の
ミュージシャンが愛用するGIBSON SG。
ハイポジションまで弾き易いギターに
生まれ変わりました。

PAGE TOP