ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

マーチン D-15M

Martin / メンテナンス / 横板補強 /

マーチンD-15Mの修理調整です。
  横板にはクラックが入っていますが
過去に接着剤をすり込んで
処置した形跡があります。
内部をチェック。
マーチンは高価なレギュラーライン以外、
価格を抑えたモデルには横板、割れ止めの
枚数が少ない為、割れが入ると
広がりやすい状態。
その為、オーナー様からは
割れ止めを増やして
補強してほしいとのご依頼。
つき板の長さを調整して
裏側から貼り付けて補強します。
何度かに分けて
目標位置に接着。
  計12枚の割れ止めで補強.
クラックが広がるのを
防ぐ効果も高くなりました。
続いて、
ネック状態などを調整して
弾き易くします。
弦高は12フレット上、約3mm位。
ネック、フレット状態も良く
サドル高さには余裕がありますので・・・
  底を削り目標弦高に調整。
  弾き易い高さにセッテイング。
指板、フレットもクリーニングして
運指も滑らかになりました。
  今や貴重になりつつある
オールマホガニーギター、
柔らかく木の暖かみが心地良いサウンドです。

PAGE TOP