ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Morris W-50

ネック逆反り修正 / メンテナンス / モーリス /

Morris W-50 70年代製、モーリスW-50の修理。
長い間、弾かれていなかったようです。
サイド・バック材は合板ですが
ハカランダが使われてMartin D-35を
彷彿させる3ピースバックが美しいギター。
ギター内部をチェック。
力木の剥がれなど不具合もなく
非常にしっかりした作りです。
只、ネックは逆反りがひどく
2、3フレット辺りから音詰まりで
まともに演奏はできない状態。
Morris W-50、ネックアイロン修正 トラスロッドも固まって動きませんので
ネックアイロンで時間をかけて修正します。
何度かに分けて修正後
トラスロッドも効くようになり
逆反りも修正出来ました。
ネックは良い状態になりましたので
フレットなど、その他を調整。
まずはフレットサイドのバリ処理。
指板をマスキングテープで保護して
すり合わせを行い・・・
フレットを磨いて・・・
仕上げます。
ブリッジピン穴、
ピンホールを調整。
ナット溝の高さ、接点を調整して
弾き易い状態にします。
調整が終わったら
ヤスリで形を整えて・・・
マイクロメッシュで磨いて仕上げ。
ポリッシュなどで
ボディの汚れもクリーニングして・・・
リペア完了です。
弦高も弾き易いように
低めにセッテイング。
Morris W-50、リペア、修理 リペア後は
久しぶりの演奏を楽しんだとの事。
よかったです。

PAGE TOP