ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

S.Yairi SYD50n

ナット交換 / ネック亀裂修理 /

 

S.ヤイリギター。
ボディシェイプが少し変わったギターです。
落としてしまいその後、
開放弦がビビル様になってしまったとの事。
写真では判りずらいですが、
バインディングに沿って亀裂が入っています。
ナットを外してチェックします。
少し力を掛けると指板下に紙が入る位の
亀裂が確認出来ます。
少し薄めた接着剤を亀裂に注入して
力を掛け充分浸透させます。
その後、通常粘度の接着剤を補充して
すばやくクランプします。
クランプを掛けると
亀裂部分から接着剤が溢れてきます。
あふれた接着剤をふき取り
数日間そのままにしておきます。
数日後、充分乾きましたらクランプを外し
ナット交換の準備です。
溝の接着剤を取り平面を出します。
きれいになりました。
新たに取り付けるナットの各面の平面を出します。
溝のサイズに合わせます。
大まかな高さを記します。
ナットの形を大まかに整えたら接着します。
その後、実際に弦を張り
音色のバランス、高さを確かめながら調整します。
ブリッジピン溝の調整がされていませんでしたので
併せて行います。
音色の調整を終えましたら
ヤスリで磨き仕上げます。
ナット交換、終了。
落とした際の亀裂も問題ないようです。
抱えやすく作りもしっかりしていて
音色のバランスも良いギターでした。 

PAGE TOP