ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ヤマハ FG-151

YAMAHA / メンテナンス /

 

70年代当時、フォークギターの
エントリーモデル、ヤマハFG-151。
各部を調整して
弾き易いギターにリペアします。
ギター内部、
ブレーシングの剥がれなど
状態をチェック。
12フレット上の弦高は高いので
ハイポジションでの演奏は辛い状態です。
サドルには弦高を下げる為の
高さは充分ありますので後ほど
目標弦高まで削ります。
ネックの反りをチェック。
トラスロッドで修正。
ネックは良い状態になりましたので
目標弦高までサドルを削り・・・
サドル頂点などを再成形。
続いて
ブリッジピン穴を修正。
弦高を下げても
しっかりサドルに
テンションが
かかるように調整。
ナット弦溝の高さなどを修正。
汚れた指板、フレットを・・・
クリーニング。
新品同様、
ピカピカに蘇りました。
ペグもグリスアップして
クリーニング。
まだまだチューニングも安定して
しっかり稼動しています。
ボディの汚れもクリーニングして・・・
メンテナンス完了。
ネック、ボディの状態が良かったので
弦高も弾き易い状態に調整出来ました。
ボディは合板ですが
当時のヤマハ独特な
サウンドが心地良いギターでした。

PAGE TOP